整体、接骨、整骨、整形の違い


あなたは「整体、接骨、整骨、整形」の違いが分かりますか?
知っているようで知らないこれらの違いは、これから整体院を選ぶ際に役立つ事と思います。

まず、接骨と整骨は同じ意味です。
どちらも「骨を繋ぐ」という意味で、柔道整復師というしっかりとした国家資格を持った方が骨折や脱臼、捻挫、挫傷、打撲などの損傷について治療していきます。

柔道整復師の国家資格は学校へ通わなければいけません。
整形はご存知ように整形外科などがあるように医師免許が必要になり、医師ですからレントゲン検査や手術、投薬なども可能です。
整体は特に資格などはありません。

資格がないので保険なども適用されませんし、治療内容なども制限を受けません。
しっかりとした資格を持った方が色々な目的を持ってあえて「整体院」として開業している事もあれば、何の知識も持っていない方が営業されているところもあり、ピンキリ状態です。

整骨院や接骨院の場合も病院と同じように健康保険を使う事が出来ます。

This entry was posted in 整体院のちょっとした知識. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります