顎関節症を矯正で治療する  


顎関節症は矯正による治療が効果的です。
顎の位置を正しく矯正することによって、顎関節症の症状回復が見込めます。

顎の位置を矯正するためにはプレートを挿入して高さを整えることが基本となります。
プレートにはいろいろな種類があり、高さを調節するために最適なものを医師が選んでくれます。場合によっては数種類を使い分ける必要がありますので、医師の指示や注意には従うようにしましょう。

矯正で顎の位置を正しく治した後は、歯並びも治す必要があります。
顎が正しい位置に戻ったことで、今までズレていた歯並びに隙間が生まれてしまうためです。歯並びの矯正も顎関節症の治療には重要で、最終的な完治を目指すなら欠かせません。歯の高さを揃えることによって顎関節症の症状も軽減することができます。
最初のうちは顎関節症の症状を軽くすることが実感できないかもしれませんが、しっかりと医師の指示に従って気長に治療に取り組むようにしてください。

This entry was posted in 顎関節症の治療法. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります